病院概要

院長あいさつ

竹内 宏明(たけうち  ひろあき)

竹内 宏明(たけうち  ひろあき)
医療法人社団三思会 東邦病院 院長
日本医師会認定産業医
  • 昭和55年

    山形大学医学部卒業後、群馬大学医学部附属病院第一内科(現・病態制御内科学)入局。伊勢崎市民病院、牧港中央病院(沖縄県)、東京女子医科大学病院、心臓血圧研究所に勤務。

  • 昭和58年

    東邦病院入職、副院長を歴任。

  • 平成28年

    4月より院長に就任。現在に至る。

平素より、東邦病院に、格別のご支援とご理解を賜り誠にありがとうございます。平成28年4月1日付けで、佐野名誉院長の後任として、院長に就任致しました竹内 宏明と申します。
当院は本年4月時点で40年目を迎えます。現在まで地域における役割を果たすべく発展してまいりました。今後も、国が進める医療提供体制の再構築に向け、当院の将来像を見据えた計画を構築し病院運営を行っていく所存です。
今年度は医師も増員となり、さらに充実した体制のもとスタートをきる事ができました。特に循環器内科に関しましては、常勤医5名となり今までより多くの患者様をお受入れできる体制となりました。緊急時の受入れにつきましても、これから順次体制を整えて行く予定です。また、放射線科常勤医も加わり、迅速な画像診断が可能となりました。
開設3年目となりました緩和ケア病棟にも医師が1名増員となりましたので、さらに充実したケアを提供できると考えております。
これからも、地域で求められている医療とは何かを常に考え、東邦病院だからこそ出来る医療を模索しつつ、地域住民の方々へ満足度の高い医療を提供できるよう、職員と共に力を合わせて努力して行きたいと思います。
今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

病院理念・基本方針
理念

昨日を反省し 今日を考え 明日に備える
私達は「医療」を通じて、常に「過去・現在・未来」に思いを馳せ、美しい豊かな、優しい心と愛情ある奉仕の精神を掲げ人間が人間らしく生きていく事のできる世の中を念じつつ、努力していく

基本方針
  • 1.私達は、患者様の人権と意志を尊重し納得と同意に基づく患者様本意の医療を心掛けます。
  • 2.私達は、地域住民の皆様の健康維持増進に寄与し、安全で信頼を得る医療を実行します。
  • 3.私達は、日々研鑽し働きがいのある職場をつくり良質で高度の医療を目指し努力します。
  • 4.私達は、当院における診療機能を積極的に広報し地域の医療機関、高齢者・福祉施設との連携を推進致します。
  • 5.私達は、院内情報を共有し、健全で安定した運営を継続するため努力します。
患者様の権利
  • だれでも、どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  • だれもが、一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され医療提供者との相互の協力関係のもとで医療を受ける権利があります。
  • 病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります。
  • 十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。
  • 検査、治療方法について他の医師の意見を求める権利(セカンドオピニオンの権利)があります。
  • 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な生活を可能な限り他人にさらされず、乱されない権利があります。尚、当院における患者様の個人情報の利用目的に関して申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  • 医療に関して、目的や危険性などについて十分な情報提供を受けた上で、その医療を受けるかどうかを決める権利と、なんら不利益を受けることなく、いつでもその医療を拒否する権利があります。