医療安全管理室flower

医療安全管理室

基本理念

日常診療の過程に幾つかのチェックポイントを設け、医療事故を起こさないような仕組みを構築する。そのためにそれぞれの医療従事者の個人レベルと医療施設全体の組織的な二つの医療安全対策を推し進め、事故を無くし患者が安心して安全な医療が受けられる環境を整えることを目標とする。

医療安全対策室の主な活動
1委員会(会議)・分科会の開催

委員会・分科会では、院内・外の情報共有やインシデントの現状報告から、原因・要因を分析、協議・検討し、対策の標準化やマニュアルの整備等を行っています。

1)医療安全管理会議:毎月第3火曜日定期開催
2)医療安全リスクマネジメント推進会議:毎月第2月曜日に定期開催
3)医療事故調査委員会:不定期開催
4)分科会:看護分科会(毎月第3水曜日)、診療協力、事務分科会(隔月第3金曜日)


2インシデント・アクシデント事例の収集、分析、管理

当院では、インシデントレポートシステムを導入しており、院内で発生したンシデントやアクシデントを収集し、事故の再発防止に役立てています。
レポート内容により、重要事例として取り扱い、SHELLやRCA分析を行い重要事例報告書として取りまとめ、フィードバックで情報共有し、再発防止に努めています。


インシデントレポートシステムによるレポート収集

インシデントレポートシステムによるレポート収集


2リスクマネジメント評価のチェック

各部署のリスクマネージャーは、自部署のリスクマネジメント評価をRMチェックリストを活用して月1回評価しています。


2医療安全ラウンド及び院内巡視

医療安全ラウンド及び院内巡視

医療安全管理者が日々のラウンドを実施し、環境チェックとインシデント報告の対応や5S活動・KYTの推進を行っています。
また、リスクマネジメント推進会議メンバーの院内巡視を年2回実施し、医療安全対策の評価を行っています。


2医療安全研修会・勉強会

医療安全研修会・勉強会

医療安全全体研修会は全職員を対象に年2回行います。
医療安全の基本的な考え方、事故防止の具体的な手法、ルールの周知徹底など職員の 医療安全意識の向上を図ります。また、リスクマネジャー勉強会を実施し実際の事例を用いてリスクマネジメントします。そして、各部署で取り組んだ5S・KYT・SHELL分析などを掲示形式研修会で公表し、情報共有することで医療安全の意識高揚に繋げています。



掲示形式研修会
  • 掲示形式研修会
  • 掲示形式研修会