回復期リハビリflower

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリ

体操の風景

南病棟3階は回復期リハビリテーション病棟です。急性期での治療を終えた患者さんが自宅退院を目指し毎日リハビリを行っています。ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)の向上に向けて、多職種からなる医療チームが連携を図り一丸となって支援しています。

回復期リハビリ

リハビリテーション総合実施計画書

当院は、群馬県脳卒中地域連携パスの会、東毛地区の大腿骨近位部骨折連携パスの会に参加しており、継続したリハビリが必要な 患者さんをご紹介いただいています。

回復期リハビリ

カンファレンス風景

患者さんの症状にあわせたリハビリテーションプログラムを用いて、カンファレンスで多職種が連携しています。 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーがチームを組んでいます。ご本人や家族の希望に沿うように、時には外部のケアマネジャーさんや 介護保険認定調査のために病院に訪れる市役所職員とも連携し退院調整を行います。