教育についてflower

教育について

教育プログラム〜キャリア開発について〜

医療の高度化・専門分化に対応した教育プログラムで臨床実践 能力を育成します。

東邦病院看護部教育目標
専門職業人としての臨床実践能力の向上と主体的な看護実践ができる。
組織および医療チームの一員としての役割を認識し責任を果たせる。
看護の質向上を目指し研究的態度を持ち、自己研鑽しながら自己実現できるよう支援する。

★私達看護師は、患者様により良い看護を提供する責務があります。だからキャリアアップが必要です!!

クリニカルラダー制度

東邦病院看護部では、「専門職としての自覚と責任をもち、自己研鑽し、質の高い看護を提供する」という基本方針に基づき、キャリア開発プログラムが構築されています。個々の技術、能力に合わせて「やさしく」「丁寧に」「段階的に」成長を促していく「クリニカルラダー制度」を取り入れ、新人からスペシャリストまで個々の職員のスキルアップを病院全体で支援しています。

クリニカルラダー制度

クリニカルラダー制度による キャリア開発のイメージ

毎年 ひまわり研究発表会を開催毎年 ひまわり研究発表会を開催

看護部全体研修
5月

ひまわり研究発表会

6月

認知症

7月

フィジカルアセスメント

8月

老人看護

9月

看護必要度

10月

CKDについて

11月

退院支援

3月

出張報告会  等

2年目 事例研修発表会2年目 事例研修発表会

ラダーレベルⅡ
6月

ME機器関連 NPPPV等

8月

急変時の対応

9月

患者教育に活かす糖尿病基礎知識

10月

看護研究のまとめ方

11月

看護診断

12月

抄録の書き方

1月

心電図

2月

事例研究発表会  等

リーダーシップ研修リーダーシップ研修

ラダーレベルⅢ
6月

実習指導者の心構え

7月

患者教育に活かすDM合併症

8月

学生の特徴

9月

リーダーシップ研修

10月

到達目標に向けての指導方法<基礎Ⅰ・Ⅱ>

11月

OSCE

12月

到達目標に向けての指導方法<成人・高齢期>

ラダーレベルⅣ
8月

他部門・多職種との連携 がん化学療法

9月

他部門・多職種との連携緩和ケア

10月

リーダーシップリフレクション

11月

他部門・多職種との連携 ICN

12月

患者指導に活かす 糖尿病最新治療法

2月

他部門・多職種との連携 WOCN 等

ラダーレベルⅤ以上
8月

他部門・多職種との連携 がん化学療法

9月

他部門・多職種との連携緩和ケア

10月

スタッフのメンタルケア

11月

看護マネジメント リフレクション

12月

他部門・多職種との連携 ICN

12月

患者指導に活かす 糖尿病最新治療法

2月

他部門・多職種との連携 WOCN 等

管理レベル
6月

ファーストレベル フィードバックⅠ

7月

セカンドレベル フィードバックⅠ

8月

病院経営・診療報酬 施設基準の届け出に関すること

10月

スタッフのメンタルケア

11月

看護マネジメント リフレクション

12月

より良い職場風土と看護管理者のWLB

1月

ファーストレベル フィードバックⅡ

2月

セカンドレベル フィードバックⅡ  等

院内認定看護師

当院では平成19年より、院内認定看護師制度を設け、看護分野で必要とする専門能力のある人材を活かした看護実践を目指しています。
院内認定看護師にはスペシャリスト認定証と認定シールが授与されます。
また日本看護協会で特定されている認定看護師取得を支援する仕組みもあり院外研修・講習会にも積極的に参加することができます。

スペシャリスト・エキスパート認定基準
正看護師の場合

経験年数3年(専門看護分野2年)以上であり、
クリニカルラダーⅢ以上のもの

准看護師の場合

経験年数5年(専門看護分野3年)以上であり、
クリニカルラダーⅢ以上のもの

介護福祉士の場合

経験年数5年(専門介護分野3年)以上であり、
クリニカルラダーⅢ以上のもの

スペシャリスト・エキスパート認定シール

院内認定者は、認定日から自己研鑽ポイント換算表の25ポイント以上の習得を目指し、院内外研修に積極的に参加し、学び得た知識・技術を現場でフィードバックして自らのキャリア開発を目指します。院内研修や部署での勉強会講師を行ったり、地域社会活動へ(出前講座、看護・介護の日イベント企画及び参加等)も積極的に取り組んでいます。また、学会、研究会、院内看護研究発表会等での研究発表も行っています。

院内認定看護師の活動
  • BLS研修

    桐生消防署職員の協力のもと、院内救急認定看護師、救急チームを中心に年3回のペースでBLS-AED(一次救命処置)研修を行っています。

    BLS研修
  • フットケア外来

    フットケア外来では、対象の患者様の問診票を活用し、観察・足浴・爪きり・マッサージ・自宅でのセルフケア指導などのケアを提供させていただいております。

    フットケア外来