急性期flower

急性期病棟

東病棟2階

東病棟2階では慢性腎不全をはじめとする腎疾患、骨折による手術等の整形外科疾患、白内障手術等の眼科疾患を受け入れています。特に透析治療を受けている患者さんが多く、患者さんが疾患に対して前向きに受け止められ、継続して治療が受けられることを見据えた生活が送れるよう援助しています。
腰部圧迫骨折や大腿骨頸部骨折手術など整形外科疾患の患者さんに対し早期離床のための支援も含め、医師、リハビリスタッフ、MSW等とチーム医療で患者さんをサポートをしています。 私達は治療を継続していく患者さんの不安や葛藤、思いなどの心に寄り添い、前向きに治療が受けられるような看護の提供を目指しています。

  • 医師とのカンファレンス
    医師とのカンファレンス
  • CAPD指導
    CAPD指導
東病棟3階(地域包括ケア病棟)

東病棟3階は地域包括ケア病棟です。当病棟は、診療科を問わず急性期治療後の症状が安定した患者様を受け入れ、医師や看護師、医療相談員、リハビリテーション科のスタッフ等により在宅や介護施設への復帰に向けて治療・支援を行っていく病棟です。
入院時からケアや日常生活動作が少しでも自立できるようご家族と協力しながら退院後の生活を見据えた支援をさせていただいています。

  • 多職種を含めたカンファレンス
    カンファレンス風景
  • 回診風景
    回診風景
東病棟4階

東病棟4階は、内分泌・消化器内科、消化器・血管外科を中心とした病棟です。 内分泌内科では、糖尿病患者さんの退院後の生活の自立を目指しています。 消化器内科では、胃・腸管や肝胆道系疾患が対象となり、内視鏡治療を受ける患者さんが入院されています。 消化器外科では、胃・腸管・胆道系の疾患を、侵襲が少なく、入院期間が短い腹腔鏡手術で治療しています。 血管外科では、下肢静脈瘤の治療を中心に行っています。患者様が安心でき、快適な入院生活を送れるよう支援しています。

  • チームDMカンファレンス
    チームDMカンファレンス
  • 患者指導場面(インスリンや自己血糖指導)
    患者指導場面(インスリンや自己血糖指導)
  • 糖尿病パンフレットやCSⅡ、CGMなど各種資料
    糖尿病パンフレットやCSⅡ、CGMなど各種資料
東病棟5階

東病棟5階は循環器疾患を主とした内科の病棟です。狭心症や心筋梗塞などで緊急入院となった患者さんに対し、タイムリーな対応が求められます。
また、冠動脈造影や冠動脈形成術、カテーテルアブレーション治療を受けられる患者さんに対して、検査や治療が不安なく受けられるよう援助し、検査・治療後はモニター管理による異常の早期発見に努めるとともに、 心臓リハビリテーションを実施しています。高齢化や慢性疾患により入退院を繰り返す方も多いため、入院時より多職種と連携を図り、退院後も病気とうまく付き合いながら 自分らしい生活が送れるよう支援しています。
当病棟は若いスタッフが多く、男性看護師や子供のいる看護師も多く働いています。より良い看護を提供するために必要な知識・技術の向上に各自が取り組み頑張っています。

  • 心カテ室へ送迎
    心カテ室へ送迎
  • IABP管理
    LABP管理
  • 心電図モニター管理
    心電図モニター管理