プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当法人は、人権尊重の理念の下に情報化社会における個人情報の重要性を認識し、患者様に安心して医療を受けていただく為に個人情報に関する法令及びその他の規範を誠実に遵守します。

平成17年4月1日
医療法人社団三思会
理事長 駒井 太一

個人情報保護方針

当院では、常日頃より患者様の視点に立ち、質の高い医療の実現とより良い患者様サービスの提供を目標として、診療業務を営んでおります。患者様の健康状態に応じて迅速に的確な医療を提供させていただく為には、患者様に関する様々な医療情報が必要です。患者様と確かな信頼関係を築き上げ、安心して医療サービスを受けていただく為に、患者様の個人情報の安全な管理は必須です。当院では、下記の基本方針に基づき、医療情報の管理を行い、患者様の個人情報保護に厳重な注意を払っております。

1. 当院では、診療及び病院の運営管理に必要な範囲においてのみ、患者様の個人情報を収集しています。また、その利用目的に関しては、院内に明示しています。必要な情報の範囲に関しましては、医学的、専門的判断を必要とする場合もありますので、疑問な点につきましてはいつでも説明に応じます。


2. 当院では、患者様の個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩を防止し、安全で正確な管理に努めています。


3. 当院では、個人情報保護に関する法律及び関連するガイドラインを遵守し、個人情報保護に関する体制を整備し内部規程を作成して、患者様の情報を管理しています。内部規程や体制は、定期的に見直して継続的な改善を図っています。


4. 当院では、患者様の個人情報を適正に取り扱う為に、責任者を置き職員教育を行っています。


5. 当院では、一部の検査等を外部の医療施設や検査会社に委託する場合があります。この際、患者様の個人情報をこれらの施設に知らせる必要のある場合があります。このような事態において、当院では信頼のおける施設等を選択すると同時に、患者様の個人情報が不適切に扱われないように契約を取り交わしています。


6. 当院では、患者様の健康及び生命を守るために、診療上、個人データを第三者に知らせる事が求められても、その必要性を慎重に吟味し、出来る限り患者様の個人情報を保護するように努めています。


7. 当院では、患者様の要求に応じて、当院の規程により医療情報の開示を行っております。医療情報の開示に関する申請及びお問い合わせは、相談窓口へお願い致します。



医療法人社団三思会 東邦病院
病院長

個人情報の取り扱いについて

当院では「個人情報保護法」を遵守し、院内で知り得た患者様の個人情報は、以下に掲げる利用目的にのみ使用し、安全・適切に管理致します。また、以下の目的以外にはご本人の同意無く個人情報を第三者に提供することはございません。

【 個人情報の利用目的 】
治療を目的とした個人情報の利用と情報の共有
私共の病院では、医師や看護師、その他の職員が取得した情報は、患者様の診療記録等に記 録され、最良の治療が行われる為に利用されます。
最良の治療が受けられるよう、個人情報を他の病院の医師に提出し意見を求めることや、他医療機関からの照会に回答することがあります。
医療保険事務や外来、病棟管理、会計、経理、医療安全対策、院内感染対策に利用されます。
当院以外の診療所や病院等との連携
患者様が継続的に良い治療を受けることが出来るよう、治療を引き継ぐ医師、診療所、病院、介護施設へ、診療に関する個人情報を提供することがあります。
検体検査業務委託等
採血や病理検査などで検査を外部業者へ委託した場合、検体誤認を防止する為に情報を利用します。
ご家族等への病状説明の際に利用します。
医療保険事務のうち、審査支払期間へのレセプト提出や、同機関からの照会に利用します。
事業者から委託を受けて健康診断を行った場合、事業者へその結果を通知します。
臨床研究、臨床試験、治験に係る調査および支援業務の委託に際し、情報を利用します。
当院の管理運営の為、外部監査機関へ情報を提供することがあります。
医療賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等に情報を利用することがあります。
学会・研究会での利用にあたる包括的同意のお願い

   当院では、患者様により良い医療を提供するために日々努力を続けております。更なる医療水準
  の向上のためには、診断や治療の進歩に貢献する研究、検査技術の維持・向上、及び医療従事者へ
  の教育などに対する積極的な取り組みが必要不可欠と考えております。このような取り組みを行っ
  ていくため、以下のご理解ご協力をお願いいたします。


1.包括的同意とは
 包括的同意とは、診療に伴い発生する様々な試料を、将来の医学教育や医学研究などのために使用することに対して同意を頂くことです。 なお、各々の医学研究の内容については倫理委員会で十分審議され、承認された範囲内で、その試料等を研究に使用させていただきます。

2.診療に伴い発生する試料について
 患者様が当院で診療を受けられますと、患者様自身に関する様々な診療情報や試料(病歴、レント ゲン・超音波・CT等の画像情報、血液・尿等の検査試料、手術で切除した組織等)が集められます。 これらは患者様の診療に必要なものとして採取・保管されますが、診療上不必要になった場合でも、 医学教育や研究のため大切な試料となることがあります。これらの試料は、病気の診断や治療の研究、 教育や精度管理の目的で使用されることがあります。

3.自由意思による参加、拒否及び撤回について
 研究への試料等の提供は自由意志によりますが、原則として、患者様から不同意の意思表示が ない場合には同意があったものとみなし、試料等を研究等に使用させていただきます。同意されない 場合は、担当医までその旨お伝えください。なお、同意されない場合であっても、診療に際して不利益 が生じることは一切ありません。

4.個人情報の保護について
 試料等は当院が責任をもって保存・保管し、適切に使用いたします。使用にあたっては、試料等を 匿名化して取り扱うなど、個人が特定されないよう配慮を行い、個人のプライバシー保護に最善の注意を 払います。また、これらの試料等を利用した医学研究や医学教育によって得られた成果が、各学会や専門誌で 発表される場合でも、個人が特定されることは一切ありません。

5.当院における学生実習について
当院では、医学生を始め多くの学生を受け入れております。実習または研修の一環として、外来や 病棟などにおいて診療に同席させていただくこともありますが、次世代を担う医療人育成のため、ご理解 ご協力いただけますようお願いいたします。

上記内容に同意し難いものがある場合や、当件に関するお問い合わせなどは、相談窓口までお申し出下さい。


医療法人社団三思会 東邦病院
病院長

職業倫理方針

医療法人社団三思会東邦病院の職員は、医療人としての職責の重大性を認識し、本院の理念・基本方針に基づき、次のとおり職業倫理を定めます。

私達は、患者様の人格の尊厳と権利を尊重し、患者様の立場に立った対応を行います。
私達は、職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるよう心がけます。
私達は、お互いに尊敬し、他の医療関係者と協力し、医療及び保健、福祉の向上に努めます。
私達は、常に学術的知識と技術の習得に努めます。また、自らの心身の健康の保持・増進に努めます。
私達は、患者様のプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を順守します。
私達は、医療の公共性を重んじ、地域社会に貢献するとともに、法規範を遵守します。

臨床倫理方針

医療法人社団三思会東邦病院の職員は、患者様の尊厳、人権に十分配慮し、本方針に従って質の高い医療を平等に提供します。

患者様の意向を十分聞いた上で、患者と医療従事者が協力して患者様中心の公正かつ公平な医療を提供します。
医師は診断や治療法、予後についてわかりやすい言葉で十分説明し、必要な支援を行います。また、専門治療病院の情報提供を行い、セカンドオピニオンも対応します。
適応を十分検討してQOLを考慮した医療を提供します。
終末期医療について
患者様が積極的な治療を希望される場合は、当院でできる治療を提供し、治療を希望されない場合は、患者様の希望を最優先し安らかな治療を心掛けます。
倫理委員会での審議結果に従った医療を提供します。
関係法規、ガイドラインを遵守し治療を行います。患者様の尊厳、人権に関わる以下の問題等については、関係する倫理委員会において十分審議し、治療方針を決定します。
 ・生命の尊厳に関わる諸問題
 ・患者様の信仰、信条に関わる問題