診療科紹介

肝臓内科

概要・特色

当科では、急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変・肝癌、薬物性肝障害、アルコール性肝障害、自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変、生活習慣病に関連した肝脂肪・脂肪性肝炎、さらに肝硬変などに合併する食道静脈瘤などを対象に診断、治療を行っております。
慢性肝炎(B、C型ウィルス性肝炎)に対しては、インターフェロン、経口内服薬など最新の抗ウィルス療法を導入しています。
肝癌(肝細胞癌)に対しては、各種画像診断、腫瘍生検により早期診断に努め、肝動脈的治療(肝動脈塞栓術(TACE)、肝動注化学療法(TAI)、経皮的治療(エタノール注入療法(PEIT)、ラジオ波焼灼術(RFA)による治療を行っています。
肝硬変や肝癌などに合併する食道静脈瘤については、内視鏡的食道静脈瘤硬化療法(EIS)、内視鏡的食道静脈瘤結紮術(EVL)を行っています。

医師紹介
細沼 賢一(ほそぬま けんいち)
  • 肝臓内科部長
  • 日本内科学会総合内科専門医・認定医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
【診察する上で大切にしていること】
患者さんの訴えに耳を傾けること
【やりがいを感じるとき】
 患者さんがよくなって退院したときや患者さんから御礼の言葉をもらったとき
【座右の銘】
日々研鑽
廣川 朋之(ひろかわ ともゆき)
  • 肝臓内科部長
【診察する上で大切にしていること】
病気のみを診るのではなく、患者さん、家族などを含めてみて、その上で診療にあたるようにしています。
【やりがいを感じるとき】
自分の決断にて患者さんが元気になったとき
【座右の銘】
冷静沈着