診療科紹介

消化器外科

概要・特色

当院では2018年4月から腹腔鏡手術が本格導入となりました。従来の開腹手術に比べて腹腔鏡手術は、傷が小さいため痛みが軽く術後の回復が早まる利点があると考えられます。胆嚢炎や虫垂炎などの良性疾患のみならず、胃がんや大腸がんなどの悪性疾患を含めたすべての症例を腹腔鏡手術の対象としております。がん治療においては、化学療法やリハビリの研修を修了した専門スタッフと協力して、安全かつ安心な治療を提供できるよう努めております。また、急性期病棟のほかに療養病棟と緩和病棟も備えており長期におよぶ治療に対応できる体制が整っております。

医師紹介
岩松 清人(いわまつ きよひと)
  • 外科部長
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本消化器外科学会 消化器外科専門医
  • 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
  • 日本がん治療認定機構 がん治療認定医
【診察する上で大切にしていること】
 病気は千差満別。皆様が病気と向き合うお手伝いをさせていただきます。
 皆様の不安が少しでも和らぐよう丁寧な説明を心掛けております。
 傷が小さく体への負担が少ない腹腔鏡手術をご提案させていただきます。
【座右の銘】
 一期一会
常澤 伸幸(ときざわ のぶゆき)
  • 外科部長
  • 日本外科学会 外科専門医
【診察する上で大切にしていること】
 患者さんの訴えを十分に聞くこと。患者さんを不安にさせないこと。
【やりがいを感じるとき】
 患者さんが元気になって退院していくとき。
【座右の銘】
 継続は力なり