診療科紹介

糖尿病内分泌内科(内分泌糖尿病センター)

概要・特色

当科は医師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、薬剤師を中心にチーム医療を実践し、糖尿病教育入院や糖尿病教室、インスリン自己注射や自己血糖測定の指導等、患者様への診療や教育を行っております。
生活習慣病の治療において食事療法、運動療法は大変重要です。当院では管理栄養士が365日休診日を問わずフォローいたします。また、外来診察の待ち時間を利用して、診察前に食事記録をもとに患者様個人にあった食事指導を行っております。糖尿病教室では、毎回低カロリーの手作りおやつの紹介をし、実際に試食をしていただけます。
近年においては、糖尿病による足のトラブルをもった患者様が増加しております。具体的には末梢神経障害、血流障害等があり、それらの進行により怪我や火傷に気づかないことが多くまた、いったんできてしまった傷は治りにくくなってしまいます。そのために、日頃の足の手入れと観察、変化が生じた際の早期治療は非常に重要です。そこで、平成21年4月より「フットケア外来」を開設いたしました。足のトラブルの重症化を予防するために簡易神経学的検査から爪きり、爪やすりがけ、足浴、マッサージ等をフットケア研修を修了した専門の看護師が対応いたします。
また、平成24年4月より、腎症Ⅱ期以上の患者様に対し、糖尿病透析予防を行っており、平成27年現在200名以上の方に指導を行っています。
他にも、患者様同士の情報交換や親睦を深めること、糖尿病に対する正しい知識の普及と生活の向上のために、糖尿病患者会「あざみ会」を組織し活動しております。

診療実績(平成27年度)
インスリン治療患者数 549人 インスリンポンプ治療患者数 17人
自己血糖測定指導患者数 414件 糖尿病合併症予防指導 174件
透析予防指導 114件 食事指導(外来) 644件
食事指導(入院) 402件    
医師紹介
秋山 仁(あきやま ひとし)
  • 内分泌内科部長
齊尾 友希江(さいお ゆきえ)
  • 糖尿病・リウマチ科部長
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医・指導医
  • 日本糖尿病協会療養指導医
  • 日本リウマチ学会専門医・指導医
【診察する上で大切にしていること】
患者さんの話をよく聴くこと。そして医師として責任を持った対応ができるよう常に注意を払うこと。
【やりがいを感じるとき】
患者さんにとって、病気の苦しみが少しでも和らぎ、その苦しみから解放され、患者さんから感謝の言葉を頂いたとき。
【座右の銘】
人生雑事なし