腎臓透析センター

透析室の紹介(看護)

透析センターのご案内

透析室では、「患者様が安全に安心して透析治療を受けていただけることを最優先に考えた看護を提供する」「透析療法を行なっていく患者様や家族の方の疾病に対する理解と受容のレベルを把握し、円滑な治療が継続できるように患者様のセルフケアを支援する」ことを基本方針として掲げ、医師をはじめスタッフ全員が、患者様から選ばれる透析施設を目指し日々努力しています。

透析室は平成25年に東棟に移設となりました。当初は340 名だった透析患者様も、今では400名になり、毎日200 名弱の患者様が透析治療を受けています。
患者様に安心して透析治療を受けていただけるような体制を整え、看護クラークを配置し患者様の体重測定や透析後の送迎などの介助などを行っております。

透析センターのご案内

透析室では医師・臨床工学技士・栄養士・薬剤師・MSW・医事課・入退院センターなど他職種が連携し、また若いスタッフも多く、明るく活気のある雰囲気で看護を行っています。
日本透析医学会にも参加し、最新の透析治療について学び、看護研究発表も積極的に行い透析看護の質向上にも努めています。

これからも、より良い透析治療が提供できるよう、更なるチーム医療の充実を目指して努力していきます。