化学療法室

概要・特色

化学療法室は、通院や入院でのがん化学療法を受けられる治療室です。
がん化学療法では、医師や看護師、薬剤師等のチーム医療で取り組み、患者さんの日常生活やQOL(生活や人生の質)を考えた治療を行えるよう努めております。
化学療法室には、がん化学療法認定看護師が在籍しており、がん治療に関する不安や悩みを相談することができます。

体制について

  • 医師・看護師・薬剤師・管理栄養士、がん治療専門の多職種が連携する体制にて対応しております。
  • 安心・安全な化学療法を推進していく観点から、日中は主治医に相談できる体制を整え、夜間・休日に不安な症状が生じた場合でも、当院へ連絡をいただければ当直医が対応し、必要な場合には入院できる体制を整えております。
  • 化学療法で投与する薬剤は、当院の専門委員会で審査・承認されたものを使用しております。

レジメン審査委員会について

レジメンとは、安全かつ最善ながん化学療法を実施するための薬剤の用法や用量、治療期間を明記した治療計画のことです。
レジメン審査委員会では、当院で使用するレジメンの妥当性などを審査したり、使用されているレジメンの使用状況などを確認したりしております。
レジメン審査委員会は、化学療法に携わる各診療科の医師(代表者1名以上)、業務に携わる看護師及び薬剤師から構成され、年2回(必要に応じて随時)開催しております。

緊急時の対応について

化学療法中の副作用や、もともとの病状によってさまざまな症状が出現することがあります。オリエンテーションの時にお渡しするパンフレットに治療後の注意点としまして、どういう時に受診したらよいかなどを記載してありますので、再度ご確認をよろしくお願いいたします。

自宅での体調の変化や、日常生活に支障のある症状を自覚された場合、お電話でお問合せをしてください。必要時には外来受診をしていただきます。

急変時・副作用等に係る問い合わせ、入院のご相談を
24時間対応しています。

平日8:45~17:00 【外来化学療法室】

17時以降、夜間・土日祝日 【救急外来】

電話番号:0277-76-6311

  • お電話される際は、化学療法中であることを必ずお伝えください。